スロット 攻略法 過去

スロット 攻略法 過去

あなたも好きかも:埼玉 パチンコ アルバイト
俺はそのままバックステップで、再び襲い掛かってくる触手を打ち払いながら約一メートルずつ下がっていく

ヴィネクスは形を崩しながらもなおも俺にのしかかろうと懸命に前進を続けるが、少しずつ身体のヘドロが減り大きさが小さくなっていき、同時に触手の勢いもなくなっていく

そのような状態が続いて、五十メートルほど俺が後ろへと下がり石畳が途切れ、背後には水しかなくなったところでヘドロの中から、「ズルッズルっ……」と動く骨格標本のような、ヴィネクスの本体が出てきた

声帯の無い頭蓋骨の口をカチカチと鳴らしながら必死にすがるように俺へと迫ってくるその骨を俺は引き寄せてゆっくり抱きしめた

あなたも好きかも:偽物語 スロット 信号
なあ、こうして欲しかったんだろう

抱きしめてくれる誰かを待っていたんだろ

寂しかったんだよな

ずっと一人で、悲しかったんだよな

あなたも好きかも:スクフェス スロット解放 ur
誰にも言えずに辛かったんだよな

もう大丈夫

もうその長い孤独は終わった

もうずっと大丈夫

そう思うのと同時に、俺の周囲を覆う生命力固定の黄金の闘気が抱きしめた骸骨も包み始めた

因果律の予測にない展開を唖然として眺めていると骸骨の周囲に、筋肉や血管、臓器がみるみる生成されていく

やがて、白い、所々に鱗がある肌がその上へとかぶさっていき頭には真黒な髪が生え、足元には鱗の生えたピンク色の人魚の尾が出現する

「あ……旦那様、私……また、あなたと……」すっかり人間味のある状態になったヴィネクスは俺の腕の中で心地よさそうに目を閉じる

「……」生命力固定の黄金色の闘気はヴィネクスが再生し終わるとまるで役目を終えたかのように、消えた

同時に周囲に残されたヘドロから漂う凄まじい臭いが鼻を突いて、必死に裸の人魚になったヴィネクスを背負って石刀を杖突きながら、駆け寄ってくるパンタクローたちの方へとヨタヨタと走っていく