サイレント メビウス スロット

サイレント メビウス スロット

その間に弟のアトは、パクパクと塩だけで味付けされたライスボールを、平らげてしまっていた

あなたも好きかも:パチンコ 確変 続か ない
『シュト兄、ごちそうさまでした

美味しかったです!』顔と指と衣服に、食べる時に溢してしまったライスの粒を着けたまま、アトがにっこりと笑う

あなたも好きかも:グレンラガン スロット テッペリン
シュトは慣れた様子でハンカチを取り出し、先ず弟の顔についたライスの粒を取ってハンカチに乗せて"お手本"を見せ、差し出す

『"アト、見苦しいのはダメなので、ライスの粒を取りましょう"』『はい、見苦しいのダメです』アトはシュトの言葉をオウム返しに、繰り返してから兄に差し出されたハンカチを手に持ち、自分の衣服についたライスの粒を取り出した

『さてと、"ワタシ"は少しばかり領主様の仕事机を片付けますか』アトのライスボールとスケジュールが置かれた場所は、比較的片付いていたが、他の部分は見事にゴチャゴチャとしていた

まず、開かれたままの本にシュトは手を伸 ばした途端、ある人物の声が記憶からひっぱり出された

『シュト、今の領主様は初代領主様のピーン様と似ておられて、大変片付けが、苦手でおいででいらっしゃいます』付箋紙が沢山貼られ、広げられたままの魔術書を閉じながらシュトは、笑顔で"片付けについて指導する先輩"―――ロックを思い出す

『ロックさんは、本当にアプリコット様のお祖父様が、大好きだったんだろうなぁ』注意深くロックの指導する言葉を思い出せば、端々に必ず初代ロブロウ領主がいた

魔術書を閉じて纏めて机の隅に置き、やけに怪しい計算の跡《あと》が記された紙と失敗したらしい領収書には"不要・処分"のスタンプがされてあるので、塵箱に纏めて捨てる

捨てる書類に"2割増?、いや3割増?請求"という、怪しい文字を見たような気もしたが、シュトは気にしない

あなたも好きかも:化 物語 演出 パチンコ
『十露盤《そろばん》は確か、机の引き出しの中にしまうんだったな』『シュト兄、見苦しいの、アト取りました』シュトがガラリと机の引き出しを開け十露盤をしまおうとした時、丁度アトが、アトなりにライスボールから零れ、衣服や肌についたライスの粒を取り終えた事を兄に報告した

『うーん、10点中の8点』数の概念が10までなら理解が出来るアトの為に、ライスの粒の後始末の評価を8点だと伝えてシュトは弟からハンカチを受けとる

シュトは机の引き出しの中に十露盤を置いて、開けたままで弟からハンカチを受け取り、仕上げとしてアトが取り損ねたライスの粒を取り始めた

その時、領主の部屋の扉が2回だけノックされ、扉は躊躇される事なく開かれる