マキバオー スロット 曲

マキバオー スロット 曲

ゆえに公也はここでフーマルに選択を持ち掛ける

今ここで公也たちから離れ安全に冒険者として生活をするか、公也たちと一緒にパーティーとして様々な危険や事件に挑むか

「………………」「いいのよ、いなくなっても? 私はキイ様と一緒にいられればそれだけでいいし

フーマルは別にいらないから

むしろいると邪魔だし

あなたも好きかも:仕事 終わり パチンコ
いないほうが二人きりで一緒の時間を満喫できるものねー?」「……ヴィラはこういっているが、判断はフーマルに任せる」「う…………」 フーマルとしては目の前で人の命を容赦なく消し去る二人……まあ、ヴィラは生かしていたが、あれは単に生かしたほうが都合がよかったんじゃないかと思ってそうしただけであり、殺すことは容易だっただろう

そう考えれば容赦なく人殺しをできる二人を見て、色々とその倫理観、善悪、危険度から恐怖や不安がわいてくるのは仕方がない

しかし、逆に言えば二人はそれくらいに強く、優秀であるということでもある

あなたも好きかも:オンラインゲーム ヤンデレ
冒険者として上を目指すのならば、二人についていくことは大きな経験を積むことにつながる

もちろん危険も多大にあるわけだが「………………いや、ついていくっすよ

二人と一緒なら、俺自身もっと成長できると思うっす

今のままでも、それなりにはなれるかもしれないっすけど……もっと上を、二人と一緒なら目指せるかもしれないっすから」「そうか」「ちっ」「反応が淡白っすね!? ちょっとは喜んでもいいじゃないっすか!? 特にヴィローサさんのほうは!?」「邪魔ものに向ける心はないの

あなたも好きかも:テラフォーマーズ パチンコ 164
うざくて邪魔なのがそばにいたら『イラッ』ってくるじゃない」「酷いっす!」 まあ、色々とヴィローサの反応はひどいと思わざるを得ないが、それこそヴィローサは公也と二人きりの方がよほどいいわけなので仕方がないだろう

ともかく、フーマルはいろいろと恐ろしい経験をしたようであるが、それでも公也たちについていくことに決めたようだ

「さて……フーマルの判断自体は俺としてはどっちでもよかったが、とりあえず二人は宿に戻れ」「それ酷くないっすか!?」「キイ様、私だけ戻れなんて……」「ヴィラは必要ない……別にヴィラがいらない、というわけじゃない