バカラ 絞り 意味

バカラ 絞り 意味

 ドレイクは、執務室の片隅で胸の前で腕を組んで立っていた

「ラナコート卿が騎士団一の力の持ち主であることは、だれの目にも明らかだろう」「エーテリア卿が認めるということは、間違いないということですね」「わたしの見立てなど当てにせぬことだ

あなたも好きかも:パチンコ ビワコ 子供
わたしとて人間

見当違いも十二分にありうる」「ありえないでしょう」 オズフェルトはきっぱりといった

ドレイクが小さく苦笑する

「特に騎士団騎士の実力に関しては、あなたほど正確に把握している人物はいない」 オズフェルトの断言を否定するものは、十三騎士の中にはいないだろう

十三騎士の力量を正確に把握してもいない正騎士以下の騎士たちならばともかく、同僚の力量を疑うことのない十三騎士の間で、彼の実力ほど信頼のおけるものはないのだ

“神武”のドレイクという二つ名の通り、武において彼の右に出るものはいない

そんな彼がベインの力を騎士団一を保証するのだから、だれも否定することはできないだろう

同僚の力量を否定する必要などないのだが、中には同僚だからといってすべてを肯定しようとは思わない、というものもいる

あなたも好きかも:ミスティーノ 入金できない
 たとえばテリウスは、シドらと折り合いが悪い

逆もまたしかりで、互いに評価を低くつけようとするきらいがある

あなたも好きかも:スロット バジリスク3 プレミアムバジリスクチャンス
そういう意味では、自分以外の十三騎士全員と平等な距離感を保つドレイクだけが、十三騎士の力量を正確に把握しているのかもしれない

「団長閣下よりも、か?」「少なくとも、わたしはそう想っています

ですから、戦力配分に関しては、エーテリア卿、あなたの意見をうかがうのだ」 オズフェルトは、誤解を恐れることなく言い切った

フェイルリングは騎士団長であり、騎士団のすべてを掌握している人物ではあるが、十三騎士個々の力量を正確に把握しているかというと疑問の残るところだ

なぜなら、フェイルリングと一対一で対峙することのできる騎士は、オズフェルトをおいてほかにはいないからだ

フェイルリングは、騎士団幹部と会うときは、極力、オズフェルトを同席させるか、複数人で会うことにしていた

でなければ、まともに話すこともできなくなるからだ