シティーハンター スロット 新台

シティーハンター スロット 新台

 そう言った表向きの理由もあるのだが、行商人だったころに行っていた取引を懐かしんでいるという事もある

あなたも好きかも:パチンコ 下関 営業時間
 部門長となったシュミットは、大きな商売の取引をすることはあっても個人レベルの取引をすることは無くなっていた

 立場上当然と言えば当然なのだが、それが時折寂しくもある

 だが、考助との取引はあくまでも一対一の話し合いなので、ある意味で行商人の個人取引と言える

 まあ塔の支配者と、その塔に存在する組織の重役の話し合いが、個人取引と言えるのかは、微妙な所なのだが

 いつものように管理層へ訪ねて来たある日のこと

あなたも好きかも:パチンコ アナザーゴッド 評価
 見慣れない者が、シュミットを出迎えた

 いつもなら女性メンバーの誰かが気づいて対応してくれているのだが、その日は違っていた

 見覚えのない女性が、対応をしていた

 余談だが、考助の周囲にいる女性は、コウヒとミツキを筆頭に見目麗しい女性が揃っている

 その女性陣にも劣らない見目をしているその女性は、完璧なメイド姿をしていた

 基本的に管理層への日用品などは、クラウンを通して卸している

 そのためシュミットは、管理層へ卸している全ての商品を把握していた

あなたも好きかも:岡崎 パチンコ 口コミ
 だが、そのメイドが着ている服を卸した記憶はなかった

 その服だけでなく、そのメイド自体も覚えがないのだが、新しい人間を管理層へと入れたという話は聞いたことが無かった

 内心で首を傾げつつもシュミットは、勧められた椅子へと座った

「何かお飲物でも入れましょうか?」「ええ

お茶を入れてくれるとありがたいです」 ここで遠慮をしても逆に失礼になるので、そう答えた

 シュミットの答えを聞いたそのメイドは、完璧な動作で対応を行っていた