北斗の拳 スロット 天昇 終了画面

北斗の拳 スロット 天昇 終了画面

 その意気込みを嬉しそうにリンナは受け止めたのか、木刀を片手で構える

「よしっ! いくぞっ!」「はい!」 女の子っぽくない熱い指導が、若干の注目を浴びながら行われる

 その木刀が激しく打ち合われる中で、リュッカは真っ直ぐに指導してくれるリンナに感謝する

 リュッカ自身、アイシアやリリアに迷惑をかけたことをまだ少し引きずっている

自分の判断力や対応力、甘さが二人を危険、心配をかけてしまったこと

 二人は今のままの自分が好きだと言ってくれだが、自分自身、その言葉に甘えてはいけないんだと、鼓舞するように木刀を振るう

 変わらない自分と変わらなければいけない自分、メリハリをつけることが重要なのだと、真剣に臨んで挑む

あなたも好きかも:パチンコ 月収支
 その気持ちが乗っているのか、リンナ自身も負けられないと熱が入る

「どした、どした! もっと来い!」「はい!」 元冒険者の血が滾(たぎ)ると、猛特訓は続いた――

あなたも好きかも:台湾 パチスロ 2018
 ――そろそろ腹の虫も鳴き出す頃だろうと、まだ木刀が弾く音が鳴る外を、窓から見下ろす

「そろそろお昼にしよう! 初日から飛ばし過ぎないでよ〜」 見下ろすそこには、軽く息が早い二人の姿があった

「お、おう」「うん……」 二人とも疲れ切った様子

リンナに関しては久しぶりだっただろうにと、頼んでおいて難だがと、ちょっと呆れ気味に見下ろす

「さて、じゃあお昼は適当に――」「じゃあここからは私が先生ですね?」「は?」「昨日言ったじゃないですか」「あ? ……ああっ、あれくらいなら――」 リンナは少し悩んだが、すぐに思い出すと肉の焼き方くらいと軽はずみな表情で返そうとするが、「料理、食事は身体作りの資本です

しっかり教えますからね」「えっ? いや、料理は……」「教えますから……ね?」 昨日の料理はやはり酷かったのだろうと、この瞬間、リュッカの圧から感じ取ったリンナ

立場は逆転する

「え、えっと……お手柔らかにな、先生」「いえ、リンナさんがあれだけ真剣にご指導してくれていたんです