マリオ スロットカー

マリオ スロットカー

ギュンターたちが悪ふざけでMG42をぶっ放した時は、サラは耳を押さえながらずっとピエールの傍らで震えていたし、ピエールは昔からギュンターを知っていたから、呆れながら笑っていた

 すまない、2人とも…………

あなたも好きかも:ゲーム機 収納 無印
 俺があの時、ネイリンゲンに逃げろと言わなければ…………今頃もう結婚して、子供が生まれていたかもしれない

あなたも好きかも:まどマギ アプリ スロット
「ここにおったのか」「ガルちゃん…………」 2人の墓の前で手を合わせていると、俺の後ろから幼い声が聞こえてきた

そっと踵を返すと、俺の後ろにはやっぱり俺にそっくりな顔立ちの幼い少女が、俺から借りパクした仕込み杖を持って立っている

あなたも好きかも:ロストプラネット2 スロット やめどき
 相変わらず大きめのベレー帽をかぶっている彼女は、俺の隣へとやってくると、ピエールとサラが一緒に埋葬されている墓石を見下ろした

「悔やんでおるのか?」「…………悔やむことばかりだ」「それは仕方のない事じゃ」「…………ああ」 何度も後悔してきた

 転生する前からだ

そして、転生した後も何度も後悔した

でも、今の後悔は今までの後悔よりも大きく、どす黒い

 何億年も生きてきた彼女には、俺の中のどす黒い後悔がお見通しだったのかもしれない

ガルちゃんは墓石の前でしゃがみ込むと、俺と同じように2人の名前を小さな指でなぞった

「サラ…………

お主のアップルパイ、美味しかったぞ」「…………」「…………いつか、恩返しがしたかったのじゃがのう…………」 俺の隣にいるガルちゃんの声が、少しずつ涙声になっていった

寿命が無いエンシェントドラゴンにとって一番辛いのは、おそらく仲間を失うことだろう