エポック ゲーム機

エポック ゲーム機

「優樹、はい

アーン」「……

い、いいよ、華音ちゃん

左手でがんばるから」「アーーン」 優樹はおかずを口元まで運ぶ華音に観念して口を開けた

そして華音が口の中におかずを入れるともぐもぐと動かす

「優樹先輩、アーン」 相川までもがマネをし、ンぐ……と飲み込むと戸惑いながらフルフルと首を振った

「ほ、ほんと、左手でがんばるから」 優樹は言いながら、買って来てもらったプラスチックのフォークでがんばってご飯を食べる

あなたも好きかも:スロット ゲームセンター 大阪
……よく考えてみたら、聞き手を怪我してしまっては何も出来ない

 優樹の教室――

あなたも好きかも:名古屋 パチスロ
お昼になってみんなが集まって来ている

 あのあと、教室に戻ってクラスメートたちに「心配掛けてごめんね」と謝った

あなたも好きかも:恨み や 本舗 パチンコ
みんな、「許せないよねー!」と心配しつつも怒り気味