薄桜鬼 パチンコ プレミア

薄桜鬼 パチンコ プレミア

 中途半端な時間に目が覚める

  起きる必要はないが、取りあえずトイレへ向かう

 用を済ませて手を洗い、腕をさすりながら部屋へと戻る

あなたも好きかも:パチンコ 夜から出る
 前に比べて、ある程度慣れれば暗いところでも平気で歩けるようになってきた

 家の中だからというせいもあるが、一歩歩くたびに汗を掻く事はない

あなたも好きかも:ルーレット 何通り
 という油断が怖く、一応は壁に手を添えて慎重に進む

あなたも好きかも:等価 スロット お店
 視力が完全に回復するのは、数年先の話

 これについても、少しずつ前に進みたい

 夜中起きた割には、目覚めは良い

 服を着替え、髪を整え、まずはご飯を食べに行く

「おはよう

……ああ、お弁当」 買い物するのを忘れていたので、冷蔵庫を確認

 今から作るのはちょっと面倒

 夜の内に、下ごしらえをしておけば良かったな

「いいや

学食にしよう」「あっさり諦めるのね」「人間、あきらめが肝心なの」 適当な事を言い、ハムエッグをかじる

 学食での戦いに備え、今から気合いを入れておこう

 地下鉄に揺られ、神宮駅へ到着