ブラックジャック 頭

ブラックジャック 頭

ちなみに、イブリースさんは二日酔い症状もなく、元気に復讐心でいっぱいになっているそうですよ」「…………どうして大丈夫だったんだろう」「不思議ですよね

あなたも好きかも:おすすめ スロット店
元気な体の秘訣を聞いておきます」そこで、キンという硬質な音が聞こえた

慌ててネアは、回線を開きっぱなしにして若干そのことを忘れかけていたピンブローチに意識を戻す

グラスか何かを叩いたような、澄んだ音だ

「ウィリアムさん、エーダリア様から通信です!」この音も相談しておいた合図で、外部に漏れてはまずいような話をする際の合図として指定しておいたものだ

ネアの言葉に、ウィリアムは音の魔術防御も問題ないと保証してくれた

「エーダリア様?」「今、こちらの報告をしても問題ないか?」「ええ

見知らぬ小島におりますが、ディノが結界を張ってくれていますし、ウィリアムさんとの三人だけです」「では、共有までに報告させて貰う

あなたも好きかも:pc パチスロ
………先程、兄上が襲撃された」「な?!」「正確には未遂で終わったが、恐らく今回の一件による計画の一部だろう

あなたも好きかも:パチンコ カラオケ ランキング
襲撃した者は、イブリースが捕獲してある

これから尋問だと聞いているが、お前がこの通信で共有してくれた会話から、相手方の首謀者が竜だと知れたのでその関係性を探ってみよう」「そのことなのですが、第一王子様がドリーさんを選ぶ前に候補とされていた竜さんは、どうでしょう?ウィリアムさんがその可能性を教えてくれたのです」「…………契約の竜か!……ネア、ウィリアムと少し話せるか?」「お繋ぎしますね!」そこでネアは胸元に留めたピンブローチを外して渡そうとしたが、ウィリアムは音の調整が出来るからとそのまま話してくれた

エーダリアが相談する声が少し年長者向けのお伺いのトーンになり、ネアはあらあら可愛い奴めという気持ちになった