餓狼伝説プレミアム スロット

餓狼伝説プレミアム スロット

 ここのところ、レオンガンドが考えるのは、そのことばかりだ

 レオナが生まれ、幸せに包まれている最中、国内に潜んでいるかもしれない敵を探しださなければならないというのは、どうにも気分が悪く、嫌なことだ

気が重い

しかし、やらなければならないことだというのもわかっている

ナーレスがいうのだ

あなたも好きかも:鬼武者3 スロット 中段チェリー
彼のいうことに間違いはない

『ガンディアはいまや小国家群最大の国となりました

しかし、その急速な国土拡大は、反面、様々な面で歪さを抱えざるを得ず、そういった歪さが国内に悪意を膨れ上がらせる可能性は大いにあります

あなたも好きかも:パチンコ 事務 求人 横浜
悪意は敵意となり、敵意は叛意になりかねない

そうなってからでは遅いのです』 ナーレス本人からの手紙は、それが最後だ

あなたも好きかも:北朝鮮 オンラインゲーム
それ以降、エンジュールからレオンガンド宛てに送られてくる手紙は、ナーレス本人のものではなかった

 ナーレスは死んだのだ

 死者から手紙が送られてくることなど、ない

 おそらく、ナーレスとともにエンジュールに滞在しているというオーギュスト=サンシアンが、ナーレスの筆跡を真似て書いたものだろう

それらナーレス死後に贈られてきた手紙の内容は、エンジュールでの日々についてのことであり、益体もないことばかりだった

ナーレスらしい手紙ではある

彼が軍事、政略に関する手紙ばかり送ってくるわけではない