貞子 パチンコ 攻略

貞子 パチンコ 攻略

それに、その内自分も人の事言えなくなっていたし」「それもそうですね~」 まさしくお前が言うな、状態になってしまったので、どうにも説得力がなくなってしまったという事情がある

 結果として、考助を止める者がいなくなってしまったのだ

 ちなみにコウヒとミツキは、最初から考助のやることを止める気がない

「・・・・・・なんか、さっきからひどい言われような気がするけど?」 考助の抗議に、コウヒとミツキを除く全員の視線が集まった

「うっ・・・・・・ごめんなさい?」 その視線に押されて、思わず考助が頭を下げた

あなたも好きかも:パチンコ 好きな演出
 これだけの女性の視線に耐えられる人がいたら、是非とも連れてきてほしいと思う考助であった

あなたも好きかも:パチスロ 世紀末救世主伝説
「そ、それはともかく、フローリア」「なんだ?」「冒険者たちは、ようやく第五十一層に到達したって?」 この情報は、管理層に戻ってきたばかりのころに、フローリアから聞いた

あなたも好きかも:スロット ミリオンアーサー 天井
 詳しく聞く前に交神に入ったので、改めてその話を聞くことにしたのだ

「ああ、つい先日だな

塔の中にダンジョンがあるという話題が、冒険者たちの間でもちきりだった」 考助にしてみれば、ようやくと言った情報だった

 冒険者たちにしてみれば、一層一層が広いアマミヤの塔では、わざわざ上層をめざさなくても十分稼ぎが出せるのだ

 それぞれの階層で冒険者たちが集まって来て、下位の層で稼ぎが悪くなれば、腕の立つ者はさらに上層に向かうといったサイクルになっていた

 クラウンの登録者数も増えて、塔に来る冒険者の総数が増えて来た結果、ようやくダンジョンの層である第五十一層に足を踏み入れるパーティが出たのだ

「そうか

ようやく、か」「? 管理する側としては、攻略されないほうがいいのではないのか?」 フローリアの意見ももっともなのだが、各層のモンスターの討伐数を増やしてほしい考助としては、集まっている冒険者の数に対して、予想外の遅さだった

 少なくとも下位のダンジョンである第五十一層から第六十層はさっさと超えて、次の中層である第七十一層と第七十二層にまで到達してほしいのが本音である

「・・・・・・そうだったのか」 考助の説明に、フローリアは腕を組んで考え込んだ

「とはいえ、今のままだと厳しいぞ?」「あ、やっぱり?」「うむ

何よりこの塔の各層は広すぎて、次の層へとは簡単に足を伸ばす気にならないからな」「うーん・・・かといって転移門でつないでしまうのもなんか違う気がするしなぁ」「・・・・・・出来るのか?」「出来るけど・・・転移門で短縮して攻略させるのって、少なくとも塔の管理者がすることじゃないよね、とか思ったり・・・」 考助の言い分も分からなくはない一同である