北斗の拳 スロット 初代 ゲーム

北斗の拳 スロット 初代 ゲーム

あっちの世界でも、ここまであからさまな罠は無かったな

さらに進むと木製の両開きの扉が行き止まりにはあった

マイカは扉に耳を着けて「向こうには人は居ない

あなたも好きかも:パチスロ youtube 動画
よし」と俺を振り向いてくる

あなたも好きかも:パチスロ ミリオンゴッド
「またかよ……」言いたい意味は分かる

力で押し開けろということだろう

放心状態の美射を森下に預けて扉に近づくと、マイカが「軽く蹴り開けろ

それで鍵が壊れるはずだ」「わかったわかった」右足を少し上げて、扉そのものを吹き飛ばさないように力加減を調節しながら、中心部分を蹴ると「バキィ」と軽く音がして、外側に扉が開いた

「もういいぞ

これで押し開けられる」マイカは扉を押して、開けると中へと入っていく

あなたも好きかも:スト4 パチンコ
俺も森下から美射を受け取って背負ってから、森下と続く

扉の中に入って辺りを照らすと、真っ黒な土蔵が広がっていた床の上には所せましと二メートルほどの高さの大きな酒樽のようなものが並んでいてさらに壁際に並ぶ棚には恐らくはマムシを漬けた透明な瓶や他にもラベルの剥げかけた古い酒瓶などが大量に陳列されていた

「アルコールで魔を清めてるつもりか……

 酒は飲むものだ

飾るものではない」マイカは皮肉めいた言い方でそう呟くと酒樽の間を歩いていく

俺もそれに続いて、ライトで辺りを照らす

何となくだが、扉から入ってすぐ四方から見られているような感触がある

……たぶん、人間ではない

アグラニウスでの経験からすると幽鬼とか、精神体とかそんな感じである