パチンコ メイン基盤

パチンコ メイン基盤

 彼には二つの顔があるが、それは綺麗に裏返って切り替わるものではない

水と酒の割合のようなものだ

 普段の彼が水ならば、もう一人の彼は高純度の酒

 今僅かに濃くなったのを感じたが、今の所は水の割合が遥かに多い

 会談が終わりジェスタッフは屋敷へと戻り、ゼノッタ王と金の魔王は折角とのことで少しばかり対話を行うことになった

 今は彼と私、二人きりで休憩室で金の魔王の話が終わるのを待っている

「クアマ王とガーネ王が対面することとか、過去の歴史でもなかったんじゃないか? ――しかしあの二人を組み合わせるのはよろしくないな

あなたも好きかも:狼ゲーム スロット
あいつら絶妙に甘えてくるからな……」「……そうだな

だがそれは君があの二人の要望をしっかりと叶えているのが原因だろうに」「どの世界にもいるんだよな、頼みごとが上手い奴って

それでイリアス、お前の上の空の理由をそろそろ聞こうか?」「……上の空のつもりはないのだがな」「周囲には気を張っているが、余裕のない顔をしているぞ

あなたも好きかも:パチンコ 海 アグネス
何か頭の中にこびりついているような、そんな様子だ」 彼に対して隠し事ができないのは、彼の察しが良いからだと思いたい

 少しばかり周囲にいる者達の察しが良いだけだ、そう思おう

「そうだな

今もなお、私の耳に残っている言葉がある」「リティアルに言われた言葉か」 頷いて返事を行う