デジタル ぱちんこ

デジタル ぱちんこ

 ディナシアは、左手で魔王を握り締めようとしながら、右手に神威を束ねた

巨大な神威の剣を作り上げ、同時に神威の砲弾を連続で叩きつける

魔王の表情は、一切揺るがない

あなたも好きかも:カジノ 胴元
「状況は変わったのだよ、ディナシア」 魔王は、失われた右腕を瞬く間に再生させると、杖を右手に持ち替えた

そして、ディナシアの視界から消えて失せた

あなたも好きかも:入間 スロット優良店
「まったく、なにを考えているのやら」 気がつくと、魔王は懐に潜り込んでいた

「しかしまあ……いいさ」 魔王が、笑ったような気がした

あなたも好きかも:fez ルーレット アニバ
 長い歴史の中で、魔王が感情を見せたのは、それが初めてではないのか

 ディナシアは、予期せぬ事態に戦慄さえ覚えた

神威の大剣を叩きつけようにも、距離が近すぎた

仕方なく神威の砲弾で攻撃するのだが、魔王は、闇の衣を再展開しており、神威の雨霰も一切効果がなかった

闇の衣を引き剥がすには、高密度の神威を叩きつける以外にはないのだ

「ならば」 ディナシアは、左手でもって、闇の衣ごと魔王を掴み取ろうとした

そうして、闇の衣を引き剥がしたのちに最大威力の攻撃を叩き込むつもりだったのだ

「ならば、なんだって?」 聞き覚えのある声とともに、左手首が切り飛ばされていた

魔王が振り抜いたのは、黒き杖――ではなく、矛だった