新宿 ジャンボ パチンコ 閉店

新宿 ジャンボ パチンコ 閉店

君達の歩幅に合わせて、君達の選んだ道を歩んだ結果、だ

そのおかげで助かった村がある

助かった魂がある

だからそう気にしないの」「…………そういうもの……なんですか……?」 そうとも

あなたも好きかも:パチンコ ポニー
と、マーリンさんは笑って僕の背を押した

もう影は随分短くなった

あなたも好きかも:千種 パチンコ 事件
僕らは進路を変更し、西へとまた歩き出…………「…………? ミラ……? どうかしたか? まさか、やっぱりこのまま北が良いとか言い出すんじゃないだろうな」「………………ねえ、これ……なんの音……?」 音? はて、何も聞こえないが

僕の耳に届くのは、風の音とそれに乗ってやってくる虫の音や鳥の鳴き声だけ

ミラが気にかけているのはきっともっと別…………あれ? なんか最近似た様なことが無かったっけ

あの時は確か、子供の悲鳴を聞いたって

その先であの魔獣の林を見つけて……「…………この音……馬車の音…………だね

いや、馬車って……馬車⁈ そんなバカな! だってここは……っ⁉︎」「マーリンさん……? どうかしたんですか? そりゃ、これだけ綺麗に舗装されてるんなら、馬車が通ることを想定して作られたんだろうし

馬車の一台くらいは……」 通るもんか! と、マーリンさんは杖を構えた

え、ちょっ……どうしてミラまで戦闘態勢に⁉︎ 確かに僕の耳にも車輪が石畳を転げる音と、蹄が蹴りつける音とが聞こえてきた

だが……どうして戦闘態勢なんだ

だってキリエだろう? 物資のほとんどを輸入に頼っているって

なら馬車の一台や二台通っているに決まって……「……アギト、退がって