パチンコ 美咲 ブログ

パチンコ 美咲 ブログ

 ――優樹が悲しげに、それでもなんとか笑顔を取り繕っている

 反町はドライバーに「……すみません」と断って、一旦そこを離れてドアを閉めてもらった

「……優樹?」 心配げに目の前に立つと、優樹は「はは……」と笑って目を泳がせた

あなたも好きかも:我孫子 天王台 パチンコ
「な、なんでもないよ

……ン……と、……あっ、行っていいからっ」 慌てて促すが、笑顔もぎこちなく、目を見合わそうともしない

そんな優樹に反町は訝しげに眉を寄せた

「……どうした? ……やっぱ、なんかヘンだ」「へ、ヘンじゃないよ全然

……そんなことないし」「ヘンだ」 真顔で返されて、優樹は言葉を詰まらせてそっと俯くと、落ち着きなく、掴んでいる鞄の紐をグニグニと捻って目を逸らした

あなたも好きかも:広島 ぱちんこ 段原
何かを隠している――、そんな姿に、反町は深く息を吐くと少し眉を寄せて首を傾げた

あなたも好きかも:トリマ スロット 当たらない
「なあ、どうした? 何かあったんなら教えて」 問い詰めるわけでもなく静かな声で聞くと、優樹は目を泳がせ、ためらうように眉を寄せた

「……ほんとに……なんでも、なくて……」 そう呟き答えたあと、更にオロオロとうろたえ、地面と向き合うように俯くと、グッと首を縮めた

「……あ、……あの……」「なに?」「……もう……、ちょ、っと……、その……一緒に、いて、……いい?」 途切れ途切れでなんとか聞き終えると同時に耳までカーッ! と赤くする

そんな優樹に反町は少しキョトンとしたが、笑みを溢すと、「じゃあ……」と考えた

「一緒に病院、行く?」 優樹が「……え?」と顔を上げると、反町は微笑み掛けた

「騒々しいだろうけど

でも、気分転換にはなるよ」 どう? と、笑顔で相槌を問われ、優樹は「……うん」と笑って頷いた

 ――その後

 優樹は洋一の携帯電話に「流君の病院に遊び行って来る