体感器 パチスロ

体感器 パチスロ

確かに、ここの調理方法とはちょっと違うことが時々あるので、完全には否定できない

「……何だ? お前らはマインの料理を食べたことがあるのか?」 店が工事中で料理人が調理できる状態ではないので、この中ではベンノだけが、まだわたしの料理を食べたことがない

 ベンノの言葉に、ルッツとトゥーリがものすごく複雑そうに顔を見合わせた

「うーん、レシピはマインだけど……ねぇ、ルッツ?」「あぁ、作るのは自分達だからなぁ

マインの料理を食べた気はしねぇよな?」 ごもっとも

あなたも好きかも:パチンコ テレビゲーム
 どんどん成長していく二人とほとんど成長しないわたしでは、もう体格が全然違う

麗乃時代の記憶で言うならば、幼稚園児と小学生の中学年くらいの差がある

 それだけ体格が違えば、手が届く位置も違うし、腕力も違う

何に関してもできる範囲が全然違う

わたしにできることはほとんど増えていないのに、二人は親の補助がなくてもできることが増えている

あなたも好きかも:スロット 獣王 王者 天井
「わたしだって大きくなりたいよ……」 ポツリと零れてしまった本音が届いたのは、わたしを抱きかかえたまま歩いているベンノだけだったようだ

自分では声に出している自覚がなかったので、慰めるように軽く背中を叩かれて、ぎくりとした

 わたしが成長しないのは、身食いの症状としてどうしようもないことなのに、わたしの愚痴を聞いてしまったら、トゥーリやルッツはきっとわたしを心配して、気に病むに決まっている

 そっと後ろを見て、二人に聞こえていなかったか、様子を伺う