太田 ぱちんこ

太田 ぱちんこ

(良かったね、クラウディア) クロエは親友の指に光る指輪を見て、優しく微笑む

「うぅ……何よこれ、美味しい、美味し過ぎるわ!!」 その一方で、ソフィアは初めて食べるカケルの料理の美味しさの虜になっていた

「うーん……」「どうしたんですか? カケル様」「ああ、誰か忘れているような気がしてな」「あーっ! アリサを忘れてたわ!?」〜プリメーラ〜「何で誰もいないのよ……クラウディアさん……」  ひとりプリメーラに取り残されたアリサの姿があった

「だからごめんって! 機嫌直してくれよ、アリサ」「…………」  ひとりプリメーラに置いてけぼりにされたアリサが口を利いてくれない

 クラウディアに言われてすぐに迎えに行ったんだけど、目に涙を溜めて無言で俯いている

 ま、マズイ

怒らせたならともかく、悲しませてしまったようだ

あなたも好きかも:サブリミナル パチンコ
「ほ、ほら、アリサが食べたがっていたクレープ作ってやるから」 おっ、少し反応があったぞ

あなたも好きかも:sony ゲーム機
もうひと押し

「あと、何でも1つだけお願い叶えてやるから」「…………1つ?」 「うっ……わ、わかった3つだ、3つ願いを叶えてやろう」 俺はソニアだったのか……「…………何で上から目線?」「……すいません……願いを叶えさせて下さい」 妹に頭を下げお願いする

あなたも好きかも:大阪 スロット イベント 明日
「ん、わかった

許してあげる」 ようやくアリサが微笑んでくれた

良かった

妹の笑顔プライスレス

 ごめんねお兄ちゃん

別に怒ってなかったんだけど、こんなチャンス滅多に無いし

 世界を救う為に頑張ってるお兄ちゃんはとっても格好いいし、誇らしいけど、妹としては、もっとおしゃべりしたり、遊びに行ったりしたいんだよ? だって、やっと逢えたのに、せっかく再会出来たのに、お兄ちゃんの周りにはいつも沢山の女の人がいて、私が入る隙間なんて何処にも無い

みんな良い人ばかりだから尚更ね

 あの頃は良かったな……身体が弱くていつも寝てばかりだったけど、いつもお兄ちゃんがそばに居てくれた