パチスロ キン肉マン~夢の超人タッグ編

パチスロ キン肉マン~夢の超人タッグ編

「……今日は、会えて嬉しかった」 小さな、聞き逃してもおかしくないくらいのささやき

あなたも好きかも:四号機 スロット アプリ
   その意味も、また彼女が何を考えているのかも分からなかった

  だから私が言えるのは、たった一言でしかなかった

舞地さんに会えて、嬉しかった」「……ありがとう」 かろうじて紡ぎ出される言葉

 そして夕日の中を歩き出した舞地さんは、背筋を伸ばした凛々しい彼女へと戻っていた

 今そこにいた、物静かな女の子ではなくて

 遠ざかるその背中を、私は見えなくなるまで見送っていた

 彼女が振り返らないと分かっていて

 消えていくその背中を、いつまでも見つめ続けていた

あなたも好きかも:パチンコ d ステーション cm
9-5 吹き付ける風は冷たさを増し、舞い上がる砂がグラウンドを滑る

  足元の影は薄く、紅い夕日が西の空へと消えていく

 器具の片付けや着替えも終わり、大きなバッグを担いだまま何となく眺め続ける