物語シリーズ スロット

物語シリーズ スロット

「ほら、はやく入って

一定時間で閉じるから」というドルナジャの指示の通りに全員中へと入りそして通路を進み、突き当りの壁の前で再びドルナジャが監査官だと名乗るとその壁が四角く開いて、俺たちは固まった

「あの……ここ……」「いいでしょ?寝やすいわよ」一切何もない

あなたも好きかも:パチンコ ゴジラ 甘 セグ
舗装された道がどこまでも広がって天井には青空が広がっている

「なんで、何もないんですの……?」あまりにも殺風景でマロンが尋ねてきた

「ふっふっふ

空きブロックだったのよ

あなたも好きかも:開店 花 パチンコ
 入るはずだったテナントが倒産して 何も造られないまま、時は過ぎたわ」「……とにかく、近くにテントでも張るでゲスよ」「夜食も食べたいですわ」「太るわよー」「沢山運動してますから、大丈夫ですわ」などと言いながら、マロンはシートを敷いたりして、食事の準備をし始めた

ルガゥはにゃからんてぃと共に、殺風景な空間を走り始めた

俺はとりあえず、その場に寝転んでみる

解放感はあるが、同時に虚無感もあるなこれ

眼を閉じると、疲れていたのか一気に眠気が襲ってきた

あなたも好きかも:パチンコ オスイチ
「あっ、ゲスナルド、まだ寝るのは説明が……」ドルナジャが胸元から這い出て何か言ってくるがもう聞こえない

微睡みの中で、家族の顔を思い浮かべて眠り込んでいた

十七の俺は、今日も自室から出てセイラオン世界大会、準決勝をリビングのテレビで眺めている父に「おはよう

父さん、スポーツ好きだよな」連日、時差の関係で朝からの試合を父は見ている