パチンコ 喫茶店

パチンコ 喫茶店

『いらっしゃいませ、円つみれ様』「うわっ」 僅かに飛び跳ねて、背中の扉に肘をぶつけてしまった

『驚かせてしまい、申し訳ありません

お怪我はありませんでしょうか』「え、あ、うん、だいじょぶ」 やや涙目になって答えてから、あれ、この声はマンションの入り口で聞くAIのものだと気付く

いや待て、AIでこの臨機応変な対応は――ありうるのか、と疑問に思いつつも、背筋を伸ばした

『鍵は開いておりますので、どうぞ中へお進みください

主人様がお待ちです』「あ……どもっス」 扉に手をかけて引くと、そこは玄関だ

あなたも好きかも:スロット 天井とは
扉よりも広く、マットが敷いてあるだけで、靴箱はない

あなたも好きかも:まどマギ パチンコ ほむらver ほむら背景
洋式なのかなと思いながら玄関を閉めて、お邪魔しますと声を放った

『左手の扉にお進みください

それでは失礼致します』 それっきり声が聞こえなくなった

 玄関から出られるのは正面と左手側の扉だけだ

あなたも好きかも:白河市 パチンコ 休業
床は大理石でできており、掃除がどうのというよりも、高級そうだなあと思いながら左の扉をあけて中に入ると、そこは

 広大とも呼べるフロアだった

「う、わ……!」 あるいはそこを、テラスと呼んでも良いのかもしれない

外側に面した場所は足元から天井までがガラスになっており、外が一望できる