ポーカー ベット

ポーカー ベット

 モリガンやモリガン・カンパニーでは、リキヤの能力によって生産された銃が採用されており、大半の兵士たちが銃を使っている

そのため、実質的に組織内では”剣”は一部を除いてほぼ全て退役してしまっており、出番は式典の時か、騎兵隊に支給されている軽量化されたロングソードくらいである

 それゆえに、銃が主役になりつつある戦場で未だに剣を振るっているのは、魔王の妻であるエミリアくらいであった

 彼女も銃を使用するが、騎士団にいた頃から剣を愛用しているからなのか、未だに22年前に作られたサラマンダーの大剣を愛用しているのである

あなたも好きかも:パチンコ パチスロ 新台 動画
 エミリアが振るっている剣は、サラマンダーの角を加工して作られた逸品だ

サラマンダーは基本的に火山に生息している炎属性のドラゴンの一種であり、戦闘力だけならばエンシェントドラゴンに匹敵すると言われる強敵である

そのためサラマンダーの討伐に成功した傭兵や冒険者はごく少数で、討伐に成功すれば最強クラスの傭兵たちの仲間入りをするというわけだ

あなたも好きかも:激jパチスロ
 サラマンダーの外殻は基本的に堅牢であり、戦車砲を使わない限り貫通することは困難であると言われている

あなたも好きかも:8の日 パチンコ 愛知
その堅牢な外殻の中でも一番硬い部位が頭から生えている大剣のような角の部分であり、仮に討伐に成功して角を持ち帰ったとしても、それを加工するのは極めて困難と言われている

 エミリアの剣は、そのサラマンダーの角を加工して作られているため、敵兵の頭をヘルメットごと切り裂いた程度では全く刃こぼれを起こさない

しかも耐熱性にも非常に優れているため、炎や雷を纏わせながら振るっても切れ味に全く悪影響がないのだ

 最強クラスの大剣と言っても過言ではないが、あくまでもサラマンダーの素材を使った大剣であるため、吸血鬼を仕留めるためには刀身に水銀や聖水を塗る必要がある

 仕留めた吸血鬼の鮮血を手で拭い去り、懐から取り出した瓶の蓋を開け、真っ赤な刀身に聖水をぶちまける

吸血鬼たちが大昔から忌み嫌う聖水で濡れた刀身を振るったエミリアは、左手を腰のホルスターに伸ばし、その中に納まっているPP-2000を引き抜いた

「突撃ぃッ!!」『『『『『Урааааааааа!!』』』』』 銃剣を展開したアサルトライフルを構えた兵士たちと共に、防壁が倒壊している部分から要塞の内部へと突入していくエミリア