東京 パチンコ コスミック

東京 パチンコ コスミック

気持ちを伝える方法は、言葉や声や音ばかり、そしてテレパシーみたいな魔法でもないと、本当に敬愛する父が、ある意味命懸けで教えてくれて、アルセンは涙を封じて学び取った事

そして、これ以上の"後悔"をしない為に、今の自分に出来ることを懸命にする

"なら、アルセン

お前は"後悔"を背負って生きよ"かつて父を喪った時に、皆が優しい言葉を向けてくれる中で、幼い自分が望む、厳しい言葉を父の親友である国王がくれた

あの時、思いやりというと優しさに埋もれてしまったなら一生、どうにもならないと思える事と対峙した時、誰かが"お前は悪くない"という言葉を待つような性根になってしまうと思えた

あなたも好きかも:画像 カジノ
きっと、勝手に己の中に限界を決めつけて、自ずからは動き出させない様な、少なくとも自分でありたい"アルセン・パドリック"ではなくなってしまう

幼いながらも、アルセン自身もそう思えたから、誰からか厳しい―――もし、父アングレカムが生きていて、かけられたなら、立ち直るには時間を必要とするかもしれないけれど、厳しい言葉が欲しかった

"そして、これからは父との約束を"悲しい時でも涙を流さない"決して違えるな"先に旅だった父の親友である人は、親友の幼い息子の何倍もの時間を共に過ごしてきて、友がこの状況になったなら言葉にするだろう言い様をグロリオーサの言葉で伝える

あなたも好きかも:化物語 2 スロット 一撃
"もしも、違えた時は私の元に、また来るのだ

私から、死を申し渡す

だから、今は後悔を背負ってでも生きよ" 今は泪を流すわけにも、死ぬわけにもいかないから

"そして父との約束を違えた事の不甲斐なさを、生きている間、後悔せよ"国王グロリオーサ・サンフラワーは、幼い当主となった自分に対し戒めを吐いた