戦うサラリーマン スロット

戦うサラリーマン スロット

 ユストの表情を余さず観察してから俺は、覚悟を決めて口を開く

「ユスト

マティアス医師の理念

あれを今一度、教えてもらえるか」 そう問うと、彼は少し小首を傾げてから、すらすらと言葉を紡いだ

「命に貴賎は無い

国籍、民族、宗教、社会的地位または政治上の意見によるいかなる差別もせず、治療を行う……」「その通りだな

命に貴賎は無い」 獣人も、人も、変わらない

そうあるべきだ

「その理念を、君も掲げるのか」「……医師としては、それが正しい姿だと、思っています」 医師としては……か

あなたも好きかも:メガ・ライズ
「医官としては、そうも言ってられないか」「役割がありますから……そうなるでしょうね」 神妙な顔で、彼は自分の意思を誤魔化すように、そう口にした

あなたも好きかも:パチンコ 手作り
 医師としては、正しい姿……

けれど、それが実際できるかというと、そう簡単な話ではないだろう

 世の中には秘匿権という価値観があり、特別なものには特別な価値がつく

それは医療の分野も然り

だから医者の数は足りず、医者にかかれる経済状況にない家庭は、ただ祈りを捧げて回復を願うしかない

 彼は前に、父親の掲げる理念を「今の社会」じゃ、通用しない

と、俺に言った

 そしてそこに、俺は活路を見出している

彼を得るための、細くて脆い蜘蛛の糸