パチンコ セイントセイヤ 新台

パチンコ セイントセイヤ 新台

 そして、僕たちは無言で工房の中を片付け、今日の仕事を終わらせる

 日当のお金を受け取り、城へと戻るため家を出ようとする

「あ、あのっ、騎士団長様! お待ちください!」 だが、玄関のところでベスちゃんに引き止められる

あなたも好きかも:プレイボーイ スロット
朝と同じで、その顔は火照ったままだ

 僕の傍へと駆け寄り、綺麗な桃色のハンカチの上に乗ったクッキーを手渡される

「お仕事の間に、お菓子を焼いてみたんです! よろしければ、召し上がってください!」 その震える肩から、彼女が勇気を出して言ったのだとわかる

「ありがとう

貰うね」 その勇気を無碍にすることはできず、頷く

 けれど、受け取ろうとした僕の手が、彼女とおなじくらい震えていたのがわかった

 それを抑えつけ、笑顔でクッキーを口に含む

あなたも好きかも:岩手 パチスロ
 希少な糖分を含んだお菓子は、疲れた身体に染み込んでいく

あなたも好きかも:ジパングカジノ
料理にうるさい僕でも、諸手をあげて美味しいと言える出来だった

 正確に言うならば、僕の世界のお菓子に近い出来――いや、それも違うだろう

 余りに懐かしすぎる味ゆえに、僕が教えたとしか(・・・・・・・・)思えない出来だった(・・・・・・・・・)

「すごい美味しいよ……

お菓子作りが上手なんだね……」「えへへ、よかったです! また作りますね! 明日も楽しみにしててください!」 はにかみながらベスちゃんは手を振った

その表情から、彼女が僕に好意を持っているのは間違いなかった

 おそらく、千年前のベスちゃんは千年前の『始祖カナミ』を慕っていた