パチンコ 規制 出玉

パチンコ 規制 出玉

「……アンタがこの街……いや、この国を治める者で間違い無い様子だな……大丈夫か? 身体が真っ青だぜ……」 支配者の姿を確認したライは構え、支配者への警戒を更に高めつつ身体に力を込める

 支配者の体色は青い不健康そうな色をしており、髪の毛は白かった

 支配者は軽薄な笑みを止めず、更に続ける

「ククク……ああ、俺は支配者だ! そして俺が持つその名は──」 そして支配者は口を開き、己の名を告げた

 「──『シヴァ』! 魔族の国全てを治める支配者にして、魔族最強を謳われる魔神!! それが俺だァ!!」 ──支配者が告げたその名は、シヴァ

「……シヴァ……!!」 名を告げられたライは漆黒の渦を纏って構える

あなたも好きかも:オキドキ スロット撤去
 この日、この時、この瞬間、かつて世界を治めていた魔王を宿す侵略者──ライ・セイブルと、魔族の国を現在治める支配者にして魔族最強の称号……"魔神"を持つシヴァが出会った

 今居る部屋の外から風が吹き抜け、互いの髪が揺れる

 何時の間にか外の天候は変わり果て、大嵐のような暴風が吹き荒れていた

 そして今、"魔王"と"魔神"──最強を謳われる二つの魔族が争おうとしていた

「何だか……雲行きが怪しくなってきたな……」「……うん……」 ライと別れて数分

あなたも好きかも:ゲッター スロット
エマとリヤンは建物の外で待機していた

あなたも好きかも:pt2 スロット
 快晴だった青空には真っ黒な暗雲が広がり、風も強くなる

 エマは金髪を風で揺らしながら傘をたたんで呟き、それに頷いて返すリヤン

「果たしてライは大丈夫だろうか……」「……どうだろう……嫌な予感? 気配? は収まらないけど……」 エマはライを心配し、リヤンもライを心配したように話す