ユニバ スロット

ユニバ スロット

 その夜は、風音たちの冒険を肴に酒場は大盛り上がりとなった

 途中で風音、弓花、ティアラのお子様組は退場したが騒ぎを聞きつけてやってきた冒険者たちとジンライは戦闘談義に入り、ルイーズもこういう場ではまさしく酒場の女王のように輝いていた

あなたも好きかも:パチンコ ゴッド
もっとも『夜の稽古』をしたいと思えるような相手は1人しかおらず、その相手も先客がいたので今夜の相手はいなかったのだが

 そしてそんな幸運を逃した男は年若い親友と酒を酌み交わしていた

「そんじゃ、またハイヴァーンに戻るっていうんだな?」「ああ、もっとも用が済んだらまた戻ってくるらしいけどな

その時はまた立ち寄ると思うけど」 オーガンの杯に酒をつぎながら直樹は答える

「なるほどなぁ

まあ、お前が姐さんといっしょだってんなら、ここでてめえが用心棒やってたこともうちらにとっては箔がつく話にはなるさ」「ところでその姐さんってのはなんだよ?」「まあ、お前の姉の功績を考えると恐れ多くてなあ

あなたも好きかも:スロット 登録者数
お前の実力なら付いていけると思うが気をつけろよ

正直俺なんかがついていったら命がいくらあっても足りなさそうだ」「脅かすなよ」 と、そう気軽にいう直樹をオーガンは同情の目で見て「我が愚かなる親友に幸あれ」と言って酒を飲み干した

「ああ、そういやさっき、姐さんに酒を飲ませようとして止められた時にドラゴンになるからって言ってたな

あなたも好きかも:エヴァンゲリオン まごころを君に パチスロ
ありゃ、よっぽどの酒乱になるってえことだったのかねえ」 そうぼやくオーガンに直樹は「かもなあ」と返した

まさか実の姉が本当にドラゴンになるとは直樹も口には出せない

以前に酔って竜になってそのままどっかに飛んでいきそうになったと聞いている

「まあ確かに気をつけないとマズいのかもな」 酔っ払ったドラゴンの姉に潰されて死にましたなど洒落にもならない

さすがの直樹もソレはごめんだった