パチンコ セル ゴト

パチンコ セル ゴト

 槙田は本当に哀れな目を死体に向けたあと、兵を前進させた

「作戦はどうしますかガリオルさん!」「相手は一人だ

俺たちの連携であれば大丈夫だろう」「じゃ、いつも通りだね」「わ、分かりました!」 魔族が余裕そうにステッキを振り回している

 だが水瀬は彼の動きを見て警戒していた

 そもそも、大型の魔物が次々と倒されている中、一人で突貫してくる兵がいるだろうか

あなたも好きかも:パチンコ まとめスレ
 普通はいない

 だがいるというのであれば、自分の力に相当の自信があり、更には魔王もそれを承諾して向かわせている場合である

 それにここまで戦況が劣勢だというのに、その表情はとても穏やかだった

あなたも好きかも:マクロスフロンティア パチンコ カスタム
 余裕のある振る舞い……

 絶対に油断してはならない人物だと、すぐに理解できた

「ねぇ、貴方たち

気を付けた方がいいわ」「え!? そうなんですか!?」「……ロストア君だっけ……? まぁいいや

あなたも好きかも:ビデオカード ケース スロット
君たちが死んだら士気に大きく影響するからね」「大丈夫です! これでも何回も死線を潜り抜けていますから!」「……そういう問題じゃないと思うけど……」 彼の言う死線というのは、絶対的不利の状況から血まみれになりながら城から脱出するくらいのことなのだろうか

 人一人守るのは尋常でない程に難しい

 しかし今回は誰かを守っている余裕はないだろう

「話し合いは終わりましたかね?」「行くぜ! リット、メア! 援護! ロストア行くぞ!」「はい!!」 二人が地面を蹴って魔族に接近する

 彼らの息はぴったり合っており、その後方から援護する二人の息も完全に合っていた

 前線二人が一気に横へと飛んだ瞬間、射線が通って魔法と弓が魔族を襲う