パチンコ ヤマフジ 北本店

パチンコ ヤマフジ 北本店

良いことばっかりでもないんだぞ」ナンスナーとパンタクローはまた話し出した

トシフミは相変わらず、俺の身体をチラチラ見ている

「……いいなぁ」「そうかなぁ

俺は自分の身体がいいけどな」「うーん……」以前、自分を身体を入れ替えたいと言われたので神になれるように努力すべきだといったがあとから冷静に考えると、無茶なこと言ったなぁとも思う

あなたも好きかも:スロット ブログ 収益
まあ、今はそのことは、あまり深く突っ込まないほうがお互いのためな気もする

モモカは黙って、おにぎりを食べている

夕食を食べ終わり、寝る準備をそれぞれにして布団を敷いて入る

パンタクローはすぐに寝始めた

モモカはまた寝ずの番をすると言ったのでそれは止めてもらって、布団に入らせるとすぐに寝入ってしまった

ナンスナーはトシフミと色々雑談している

あなたも好きかも:化物語 スロット 君の知らない物語
俺は行燈の消灯を二人に頼んで、先に寝入ることにした

……「えーと、但馬さーん」着物姿の美射である

あなたも好きかも:パチンコ スロット 面白くない
最近ほんとによく出る

「邪し……いや、何でもない美射、どうした」「クラーゴン君がー」「うわ、やっぱりなんかしたか……」冒険とか言ってたからいやな予感がしている

いや、と言うか見回して驚く

周囲は泊まっている宿の部屋で真っ赤な顔のトシフミと悪巧み顔のナンスナーがニヤニヤしながら、俺の布団の足元に手や首を突っ込もうとしようとしている

もちろん今はいつものように身体と精神が切り離されているのでそれを突っ立って眺めている状態だ

「いや、ちょっと待て……なんか悪戯されてるんだが……」「仮初の物理体だから、放っとけば?」「……知らんぞ」「で、クラーゴン君がー