ちゃきち パチンコ

ちゃきち パチンコ

勿論、″恩″以上の事を共に伴侶や友として傍らにいてくれた人達と、″築いてきた″ものがあるだろう

それが自分の″父親″と″領主″としてのあり方が気にくわないとう″理由″だけで、引っ掻き回す自分の子供達に呆れている

あなたも好きかも:パチンコ スロット どっち 楽しい
―――頼むから、自分の″力″でその愚かさと虚しさに気がついて欲しい

あなたも好きかも:北広島 恵み野 パチンコ
―――そうやって、妬み嫉みを口に出しても、自分という心の根を腐らせてしまっているだけなのだと

―――出来れば、″父親″の立場である自分は、子供である″君達″を潰したくはないのだと

―――せめてもの″情け″は、君たちが苦しまないように、一瞬の苦しみで終わるようにジュリアンの目の前に、背の高い男がいた

シルエットとなっているのに、その背の高い男が身に付けているのが、丁寧に設えられた紅黒いコートをだと判る

(確か、平定の4英雄に助勢をした賢者が身に付けていたいう)足元から、徐々に見上げていく

―――これが、老獪の賢者ピーン・ビネガー

あなたも好きかも:函館 パチンコ 出る店
どうして、今彼が自分の目の前にいるのだろうという疑問が、不思議と心に沸かない

自分に縁が無さそうな上等な貴族の衣服をが目に入る

(―――賢者殿、何か、手に握ってる?)紅黒いコートを纏った手に、″銃″が握られているのを見て、一気に顔をあげた

そこに紅黒いコートを纏った自分―――ジュリアン・ザヘトが、銃を手にして立っていた

《せめてもの″情け″は、君たちが苦しまないように、一瞬の苦しみで終わるように》″ジュリアン″がカチリという音と共に引き金を引いて、銃口を自分に向ける

―――引き金が引かれたパキンっという音で、ジュリアンは覚醒する

《ぬわっ》頭が思いきり、グラっと下がった衝撃に、激しく目を瞬いた

″返事″の手紙を書いている間に、いつの間にか、自分が眠っていた事にジュリアンは気がついた

″パチン″という爆ぜる音は、焚き火で使った薪が原因だと直ぐに判る

《そんなに、疲れているつもりはなかったんだけどな》髪をクシャリと掻いて、焚き火の中でもう灰になってしまったロブロウ領主からの手紙を見つめる